猫の手は借りない派。

CDを整理整頓中ですがうまくいきません〜枚数が多すぎます。これでも減らしたんだけど。もっと持っている方はいるはずなんだけど、みなさんどうやって整理されているのかしら?きっと上手にされているんだろうなぁ。

c0301852_14111842.jpg
人間の片付ける姿を見ながらも、眠くてしゃあない猫。手伝ってくれないもんなぁ。よく言う「猫の手も借りたい」ってやつ。あたしはなんにも期待してませんから大丈夫ですよ。口が裂けても言いません。
c0301852_14112121.jpg
目が・・・眠たいところ、音を立ててごめんなさいね。

いろんな高さの棚を置いておくだけで、キャットウォークっぽくなって、なんだかいい感じになるんです。猫たちも段差がある方が喜ぶし、よく運動もしてくれるので良いですね。
c0301852_14112413.jpg
目ヤニが。
c0301852_14112615.jpg
付いてますね。
c0301852_14112986.jpg
c0301852_14114222.jpg
冬毛かしら?太った?
どっちかわからず、ブラッシングをサボっていた事に気付く。ちょっと撫でただけでもフワフワ毛が抜ける〜。ブラッシングをしたらごっそりと抜けました。けども明らかな肉はそのままでした。

[PR]
# by goma0320h | 2017-09-20 21:00 | にゃんずと飼い主 | Comments(2)

来年の手帳をゲットしました。手帳にお金をかけるなんで今まで考えもしなかったけど(無印の手帳ですら、結構な出費をした気でいたくらい。)、ほぼ日手帳にしてから、毎年、来年の手帳が発売される日が近づくにつれて、ワクワクするし、ゲットしたら、それだけでまたワクワクするし。私は、こうしたい!ああしたい!とゆう気持ちはあるのに、意思が弱くてすぐに気持ちが滅入ってしまうタイプなので、手帳に小さな自分だけの目標を書いたり、その日のことを書いたりしながら、自分と二人三脚の様に(独りきりなんだけど)日々を生活する様になり、少しだけなんだけど、それだけなんだけど、なんだかスーッと楽になれたり、とても明日や、来年が楽しみになったりする様になりました。
たかが手帳なんだけど。好きな人、好きでない人。興味のある人、興味のない人が分かれるものなのかもしれないけれど。私にとって、ほぼ日4年目に突入!

c0301852_01361088.jpg

c0301852_01361315.jpg

c0301852_01361692.jpg

c0301852_01361865.jpg
簡単に猫たちの写真をプリントアウトして、手帳に貼り付けられたらもっといいのかもしれないけれども。それはブログで。手帳の方には、自分の事を手書きで。そんな使い方で楽しくやれてる気がする。
ほぼ日手帳を初めて買った年は、たまたま自分にとってなかなか辛い事があった年だったのです。だからほぼ日手帳を買ったわけではなく、たまたま手帳を買っていた。なので、その辛い時期は、来年の手帳なんだけど、すでにメモページは埋め尽くされた状態で、年を越しました。 1日1ページのその日の出来事もびっしりとページいっぱいに書いたし、たまに書かない日があったくらいで、ほぼ皆勤賞だった、ほぼ日1年目。翌年は、「もっと書きたい事が毎日たくさんある気がする!」と欲張ってもう1つ大きなカズンとゆうサイズの手帳を購入したけれど、結果、ダメでした。2年目になって、気が緩んだのか?書く気が起こらない日がポツポツと増えたり、文庫サイズにはなかった毎日のスケジュールをかけるページなんかもあって、なんとか活用してみようとするも、自分には向かずで。カズンは使いこなせず。結局3年目は再び文庫サイズを購入する事に。3年目、ますます日記のページは穴ボコになっちゃって、日記の存在すら忘れてしまうほどに。とゆうのか、「なんだか、書きたくない。」とゆう気があったりなんかして。
日記を書くとゆうのは人それぞれなんだろうけれと、私の場合は、『自分と向き合う時間』になってしまう。だからこそ、書く気が起こらない時がある。「このまま寝てしまおう。」とか、「振り返るほど、何もしてない。」とか。結局、書く事がないわけではなく、書く気持ちが起きない。なんだかそんな感じで、穴ボコだらけのページを、9月初めくらいに見るわけだけれど。そこで思ったのは、『来年は手帳買わないでおこうかしら。』だって、高いし、書かないなら勿体無いし!なんたって無職だし。と。けれども結局買ったのは、再び9月ごろから毎日書き始めてみて気付いた。書くと、どんどん自分の中から言葉が湧き出てきた。なんだろう。書いて「スッキリ!」とゆうより、自分が自分に驚いた。『私、こんな事思ってたのか!こんなに書く事があったのか!!』とゆうほどに、どんどんどんどん湧き出てきた。ペンを走らせてみたらどんどん止まらなくなり、結局、穴ボコページはどんどん埋まっていきました。

書く事でリセットされていく事や、気づけることもあるけれど、それだけでなく、書くとゆう行為そのものが、なんだろうか。意味があると言ってしまうと大げさになってしまうので、『心地よい』と言う方が、なんだかここではしっくり来るかもしれない。そんな感覚がした。

来年もまた、文庫サイズの手帳を購入したけれど、穴ボコだって気にしない。自分のやり方で、また来年もお世話になる手帳をゲットしたので、まずはこれで、安心して、今年から来年に移れるわけです。来年の目標も1つ浮かんだし、早速書いておこうかな。

[PR]
# by goma0320h | 2017-09-20 00:00 | 飼い主のつぶやき | Comments(2)

おばちゃまカバン。

親戚のおばあさんが作ってくれた手編みのカバンがあまりにも使いやすく、見た目は若い者が持つには少しばかりあれなのだか、なんだろう、こう、毛糸独特の伸縮性があると言うのか、荷物を入れるとぎゅう〜んと伸びたり、荷物を出すと元どおりになったりと、その感じがなんだか好きになってしまい、そればかり使っていた。
ある時、「やっぱり、私には少々、おばちゃまっぽ過ぎるデザインかしら?」と、同じサイズで前に付録か何かで付いてきた、リサラーソンのカバンに持ち替えたんだけど、やっぱりなんだか、しっくりこない。デザインはあれだけれど、この、毛糸独特の使い心地がたまらない。と、ゆうわけで、結局、私には似合わないかもしれないけれど、おばちゃまカバンに戻してまた使っている。とてもしっくりくる。

c0301852_15421162.jpg

ぎゅいーんと伸びてる。

[PR]
# by goma0320h | 2017-09-13 00:00 | 飼い主のつぶやき | Comments(2)

ひとつ屋根の下に暮らす猫と飼い主の様子を綴ってます。良ければ覗いて行って下さい。ごましお(♂2012.3.5-2015.8.10、アメリカンカール)フィナ(♀2013.3.24、ラガマフィン)わたがし(♂2014.4.9、ラグドール)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30